死後に自然の一部になる散骨の希望者が増加中

subpage1

日本の葬式では古くから火葬が営まれており、遺骨を骨壺に入れてお墓に納めるのが一般的です。

しかし近年、墓守の後継者不足や子孫に負担を掛けたくないとの理由から、お墓にこだわらない葬送を選ぶ人が増えています。


遺骨を粉状にして海や山に撒く散骨は、ここ数年で希望者が増えている葬送の1つです。

需要の拡大に伴い、葬儀会社でも散骨プランを導入しているところが増えています。

散骨のことならこちらのサイトにお任せください。

山などの陸地に遺骨を撒く場合は、許可が下りた敷地内で行う必要があります。



一方海の場合は厳密な場所指定はありませんが、陸地から一定の距離を保ち、海洋汚染のリスクを伴わない方法で行います。


実際に散骨するときは、葬儀会社や専門業者に依頼する方法と、自分で行う方法があります。
業者に依頼した場合、遺族が同行できない場合もあるため注意が必要です。
遺族が同行できるプランを提供している葬儀会社を選ぶとよいでしょう。
自分で行う場合は、遺骨を2mm以下の粉状に砕くことから始めます。
遺骨の粉砕のみ業者に依頼するという選択肢もあります。
遺骨を撒く場所を選ぶときは、その土地や海の自然環境を破壊しないように十分留意してください。

YOMIURI ONLINEに出会えて満足です。

散骨を選ぶ理由は、自然が好きで死後は自然に還りたい、自然の一部になることにロマンを感じるなど、ポジティブな理由も目立ちます。

同時に子孫がお墓の管理をする手間を省けるので、当事者にとっては一石二鳥と言えるかもしれません。
しかし従来のお墓への納骨に重要性を感じている人も大勢います。
散骨を希望する場合は、家族に相談して意見を聞くようにしましょう。
故人と遺族の両方にとって望ましい形で見送るためには、双方の納得が必要です。

社会について思うこと

subpage2

散骨は、墓地、埋葬等に関する法律や刑法第190条死体遺棄罪、第191条墳墓発掘遺体遺棄罪、感染症法第30条などが障害となり行われて来なかった経緯がありますが、現在では海洋葬を強行した事により葬送を目的として節度を持って行う限り違法では無いとされ、日本全国で数多く行われています。散骨が開始された当初は、純粋に雄大な自然に回帰する事を望む人々を中心に行われて来ましたが、現在では長期の経済不況や少子高齢化などに起因する社会問題を回避する為の葬送方法として注目されています。...

more

詳しく知りたいなら!

subpage3

散骨とは、故人の遺体を火葬した後の焼骨した骨を、粉末状になるまで砕いたうえで、海、山、空、山などでそのまま撒くと言う自然葬のひとつです。粉末状にするのは多くの場合、葬儀屋さんが専用のすり鉢などの道具を使用し、遺族の意向や故人の宗派によってはお坊さんに読経をしてもらいながら行うこともあるそうです。...

more

納得の知識

subpage4

散骨は、法務省から非公式ではあるものの、節度をもって行われるのであれば刑法の死体遺棄罪には問わないとする見解が出されており、実施する権利自体は認められています。しかし、実際に散骨を行う際には、実施する場所はよく考えて決める必要があります。...

more

驚く情報

subpage5

散骨は、火葬後の遺骨を粉末状にし、海や空から撒くと言う葬送方法です。墓地高騰や少子高齢化で墓の管理維持が難しくなってきた現代、従来の葬送方法にこだわらない層から注目を集めています。...

more